野田文信(野田聖子の夫)wiki経歴!刺青・旧姓・韓国人で前科も!

4 min

野田聖子地方創生相の夫である野田文信さんが元反社会勢力だったと最高裁により判決されました。

きっかけは2018年8月の週刊文春の『文信氏が過去に反社会勢力に所属していた』という記事からでした。

そんな野田文信さんには刺青や旧姓、さらに前科もあり韓国人であるという噂も浮上しています。

そこで今回は『野田文信(野田聖子の夫)wiki経歴!刺青・旧姓・韓国人で前科も!』ということで詳しく調べてみましたので、どうぞ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

野田文信(野田聖子の夫)wiki経歴!刺青・旧姓・韓国人で前科も!

野田文信さんが反社会勢力だった過去があるという文春の記事に対し、『事実無根で損害賠償を求める』としていた野田文信さん。

しかし、度重なる判決の結果、週刊文春による『文信氏が元反社会勢力』と報じた点について、「真実である」とする東京高等裁判所の判決が確定しました。

岸田内閣のナンバー2である野田聖子さんほどの方の夫が、元とはいえ反社会集団に所属していたことに世間から注目が集まっています。

そんな野田文信さんの経歴と刺青や旧姓、過去の前科や韓国人だという噂も見ていきましょう!

野田文信(野田聖子の夫)wiki経歴プロフィール

名前:野田文信(のだ ふみのぶ)

旧姓:木村

生年:1967年(昭和42年)

出身地:京都府

妻:野田聖子

息子:野田真輝(まさき)

職業:株式会社ジェムケリーグープホールディングス、株式会社バティックス※それぞれ監査役

1964年、京都府でお生まれになった文信さんは、幼い頃に両親が離婚し、母親と暮らすようになりました。

かなりヤンチャな中学時代だったそうで、バイク盗難・シンナーなどで警察のお世話になったこともあったようです。

イメージ画像

高校卒業後は携帯電話事業をされたり、2006年には焼き肉店をオープン、さらに2011年には韓国料理店もされるなど、経営者として実力もあるんですね。

さらに、親友である中野猛(たけし)さんが代表取締役を務める『株式会社ジェムケリーグープホールディングス』と『株式会社バティックス』にて監査役として名を置かれています。

野田聖子さんとは2007年に文信さんが経営する韓国料理店での出会いがキッカケで交際スタート。

2011年1月に野田聖子とのお子様『真輝(まさき)』さんを授かり、同年5月に入籍されています。

2013年以降は、野田聖子さんが仕事を集中できるようにとの思いから、障害を持つ息子真輝さんと義母である弘子さんの介護のために在宅介護の道へ。

(左から)義母:弘子さん、息子:真輝さん

そのために、それまで経営されていた韓国料理店も閉店されています。

野田文信の刺青画像は?旧姓や反社時代の期間・肩書も!

さて、ここで気になる文信さんの刺青についてですが、元反社会勢力という事もあって入っていてもおかしくありませんよね?

ネットでも、

他にもたくさん文信さんの刺青について気になっている人は多いようです。

しかしながら、実際に文信さんの刺青の事実は特定できず画像も見当たりませんでした。

”元反社”というキーワードから一人歩きした噂が広まったのかもしれません。

野田文信の旧姓・反社をしていた期間は?

さて、野田文信さんを調べると”旧姓”というキーワードも上がってきます。

これを知るには反社時代・警視庁が保管する個人ファイルに記載されていました。

野田文信さんの旧姓は”木村”さんだったという事が分かります。

さらにこれによると、文信さんが所属されていた組は消滅しているとされていて、それと同時に文信さんも組を抜けられていたと文春は報じています。

昌山組の元組長によれば、「木村の最初の肩書は『幹事』だった」。昌山組は1999年に組内部の人間関係を巡る殺人事件が発生し、2000年3月に解散。それ以前に、文信氏も組を抜けたという。

引用元:文春オンラインより

この情報と、警視庁ファイル内の『所属移動』という欄に”平成3年”(西暦1991年)と記載されていますので、文信さんは少なくとも1991年から2000年の9年ほどの期間、反社会勢力に入っていたという事になります。

野田文信の反社時代の肩書がヤバい!

さらに気になる文信さんの当時の肩書は、、

昌山組の元組長によれば、「木村の最初の肩書は『幹事』だった

引用元:文春オンラインより

幹部という事で、相当な肩書ですね。

さらに、『最初の肩書』という事ですのでこのに所属する前にも反社として長い経歴を持っていたのではとも推測できます。

スポンサーリンク

野田文信は前科2犯で韓国人だった?!

そして、文信さんには前科と韓国人だという噂もあります。

まずは、前科ですが2犯あるという事が報じられています。

週刊文春が「文信氏は指定暴力団・会津小鉄会傘下の昌山組に所属していたことがあり、前科二犯」と報じたのである。

引用元:JキャストNEWSより

その2つは以下になります。

・私文書偽造
・有線電気通信法違反

それぞれ見ていきましょう。

野田文信の前科①『私文書偽造』

文信さんは1994年に私文書偽造で懲役1年執行猶予付きで逮捕されています。

事の経緯は、交通違反で警察から取り締まりを受けた際に、実のお兄様の免許証番号を伝えたという事でした。

後にお兄さんが免許更新のタイミングで気づいたとのことでした。

それにしても、お兄さんの免許証番号を知っていたというのも凄いですね・・・。

野田文信の前科②『有線電気通信法違反

続いては、2005年5月に50万円の罰金刑で逮捕された『有線電気通信法違反』です。

2003年12月、文信さんが当時社長を務めていたアダルトサイトのスパム広告メールを不特定多数に一斉に送りつけ、サーバー機能をマヒさせたことでの逮捕でした。

さらに、この時に使用したドメインは不正に他人のIDとパスワードを使っていたということで用意も周到。

そして送り付けた総数は約80万通というとてつもない数でした。

もう一つ、この時のニュース記事で文信さんが韓国人だったのではという疑問もありました。

野田文信が韓国人だという真相

先の『有線電気通信法違反』についての記事で、世間では文信さんが韓国人(朝鮮)ではないかと噂されています。

上の方は「野田聖子の旦那様(在日朝鮮人)」と断定したツイートをされています。

これは、それぞれに書かれた『木村文信(文信)』の金の文字。

韓国や朝鮮の人に多い苗字だという事で、文信さんに韓国人だという噂が浮上したという事です。

しかし、京都生まれでご両親の情報も明確には分かりませんので、文信さんの韓国人だという情報は確証には至りませんでした。

スポンサーリンク

【まとめ】野田文信(野田聖子の夫)wiki経歴!刺青・旧姓・韓国人で前科も!

いかがでしたでしょうか?

野田文信さんの過去については色々とありましたが、今は家族の為に頑張っているのも事実です。

そんな文信さんに、妻の野田聖子さんは2021年の出馬の際に以下のように語っておられました。

改めて「家族に負担をかけることになるな」と思い、夫に「立候補していい?」と聞いた。夫は何の躊躇も無く「もちろん!」と答えてくれました。その言葉を聞いて、必ずやり遂げるぞとの思いが強まりました

引用元:文春オンラインより

政界に大きな影響を与える妻を持つ夫として黒い過去があるのは苦しい面もあるでしょうが、今後、それがいい方向に向いてくれることを期待しています!

【その他の関連記事はこちら】

関連記事

8 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください