渡邊雄太の年収は9億円以上?!年俸とスポンサー契約から徹底検証!

3 min

2022年5月26日、フリーアナウンサーの久慈暁子さんがプロバスケットボール選手の渡邊雄太選手との婚約を発表されました。

突然のご報告に驚きましたが、とってもおめでたいニュースですね!

今回は、久慈暁子さんの旦那(今はまだ婚約者)である渡邊雄太さんの年収が9億円以上?!スポンサー契約と年俸を併せたらとんでもない金額だという事で徹底検証しましたので、どうぞ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

【驚愕】渡邊雄太の年収は9億円以上?!年俸とスポンサー契約から徹底検証!

渡邊雄太さんの活躍は日本でも話題になるほどに有名ですね!

そんな渡辺選手には、所定の年俸以外にナイキ等のスポンサー契約なども多数あり、それらを合算した年収がとんでもない金額になっていました!

実際にどれくらい稼がれているのか知る為に、まずは渡邊雄太選手の契約から見ていきましょう!

【驚愕】渡邊雄太の2ウェイ契約時代の年俸は●千万円!

渡邊雄太選手は2021年4月よりNBAのトロント・ラプターズというチームで正式契約を結び活躍されています。

この、正式契約の前までは2ウェイ契約というものを結んでおられました。

2ウェイ契約とは、NBA選手を育成するためのプロバスケットボールリーグである『Gリーグ』に所属しながらも、年間最大45日間のNBAでの試合や練習に参加できる契約を言います。

こちらを勝ち取れるのも狭き門と言われていて、渡邊選手の実力が凄いことが分かりますね!

気になる金額ですが、保証額の上限は$50,000、日本円で約600万円と言われていて、これを目指して選手たちは頑張ります。

2ウェイ契約の上限金額までの内訳は、Gリーグ、NBAそれぞれに帯同した日数(日割り)で決まります。

こちらはもちろんNBAに帯同した日数が多い方が沢山の金額をもらえます。

しかし、2020-2021シーズンでは新型コロナウィルスの関係で2ウェイ契約の基準が金額設定の面でも大きく変わりました。

理由は、コロナ感染対策に配慮し、選手の移動リスクを軽減するために制約内容を変更したとのことでした。

それによりなんと、NBAチームに帯同した日数に関係なく最大$500,000が支払われるようになりました!

結論、2ウェイ契約時代も渡邊選手は注目されていたことも含めて考えると、2021年初期の段階でも50万$、日本円にして約6,000万円が支払われていたと考えられます。

しかし、これほどの報酬を支払われていたにもかかわらず、渡邊選手は2021年4月よりトロント・ラプターズの意向通り、正式契約に切り替えました。

もちろん、正式契約はスゴイことで、日本人がNBAの公式戦でプレイしたのは、田臥勇太選手、八村塁選手、そして渡邊雄太選手の3人だけ!

そしてNBAの公式チームへの本契約は渡邊選手からしてもお金以上の価値があることは当然です。

ただ今回は、年俸でお金の面だけで検証しますので、2ウェイ契約での6,000万円から正式契約の切り替えは渡邊選手にとって金額面のメリットはあったのでしょうか?

スポンサーリンク

【衝撃】渡邊雄太のNBAトロント・ラプターズ本契約の年俸は3億円以上!

結論から申しますと、渡邊雄太選手の本契約後の年俸は最低でも162万ドル、日本円で約1億7200万円です。

この金額は本契約時の最低保証金額と言われています。

ただ渡邊選手は実力的にもっと貰っているでは?と考えて、実際に渡邊雄太選手と同じく2ウェイ契約から本契約を勝ち取った選手たちを例に推定してみようと思います。

まずは、ダニュエル・ハウスJr.選手です。

ダニュエル・ハウスJr.選手は2018年にヒューストンロケッツと2way契約を結んだのち、その実力を認められロケッツと本契約を結んでいます。

その金額は3年契約金として約1,100万ドル、日本円にして約13億2千万となります。

これを1年として計算すると約4億4千万円です。

目玉が飛び出そうな金額ですね(;・∀・)

続いては、クイン・クック選手です。

クイン・クック選手2017年にゴールデンステート・ウォリアーズと2ウェイ契約を結び、2018年4月に本契約を締結されています。

この時の契約金額は明らかではありませんが、その後2019年ロサンゼルスレイカーズと2年契約で約600万ドル、日本円にして約7億2千万で契約されています。

1年にして約3億6千万円ですね。(これもヤバすぎ・・・)

以上、2人の選手たちは2ウェイ契約後の経歴と、年齢も渡邊選手と近いことも考えて平均してみると、

渡邊雄太選手の本契約後の年俸は3億円以上と考えても良いように思います。

スポンサーリンク

渡邊雄太のスポンサー契約料は5億円以上!!

渡邊雄太選手がスポンサー契約を結んでいるのは以下の4社です。

・NIKE(ナイキ)
・LEXUS(レクサス)
・サンクロレラ
・ネットブラウザ『Brave』

となります。

それぞれの契約金額は詳細には明かされていません。

ただ、同じNBAの日本人選手である八村塁選手は日清食品やソフトバンクなど大手7社とスポンサー契約をされていて、その合計は約10億円の収入があると言われています。

こちらを参考に一社毎の平均契約料は約1.4億円となり、こちらを渡邊選手の4件のスポンサー契約料とした場合、約5億6千万円のスポンサー収入となります。

スポンサーリンク

【まとめ】渡邊雄太の年俸とスポンサー契約料の合計年収は!?

渡邊雄太選手の年俸は3億円以上で、スポンサー料は約5億6千万円という結論に至りました。

以上のことから、渡邊雄太選手の年収は・・・

約9億6千万円以上という事になります!

ヤバすぎますね・・・!!

お金は実力に伴っていくのは当然ですので、今後の渡邊選手の活躍と年収増加にも要注目です!

【合わせて読みたい】

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください